メルボルンの語学学校

最新更新日:2017年11月27

・INUS

・Impact English College

・Universal Institute of Technology

・Discover English

・KAPLAN International College

・Embassy English 

・Holmes Institute(Oxford House College)

・Lonsdale Institute(Eurosentres)

 

 

上記の順序にて以下に掲載をしています。

 

掲載校以外の手配も可能ですのでお探しの学校があればお問い合わせ下さい。

 

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

メールで問合せ

LINEで問合せ

 

 


INUS Australia Education & Training

facebokページ

INUSの一般英語コース

 

まずは以下の画像をご覧ください。

上記はCEFR(セファール)と言いまして、Common European Framework of Reference for Languagesの略称なんですが、言語能力を評価する国際指標で、学習者の言語能力を客観的に評価するために使われており、特にヨーロッパで幅広く導入されている国際指標になります。

 

言語を使って出来ることを基準にA1(一番下のレベル)からC2(一番上のレベル)まで段階的にレベル分けされており、2012年度からはNHKの英語講座でも導入されています。

 

INUSはこのCEFR基準を導入し、さらに独自のアレンジを加えて以下の画像の通り8段階の細かなレベル別けを実施しています

 

 

この8段階(A1~B2まで)と細かいレベル分けをすることにより、受講生は各自のレベルに適したクラスでレッスンを受けやすくなります。

 

通常、初級~中級レベルの段階では10週間~12週間で1つ上の受講レベルに上がれると言われますが、8段階と細かくレベル分けされる事によりINUSでは5週間で1つ上のレベルに上がる事も可能です。

 

英語の上達具合や成長を感じやすくなるメリットがあります!

 

フレンドリーな学校環境

フレンドリーな環境=わりと緩い環境と思う方も中にはいらっしゃると思いますが、INUSの学校環境はフレンドリーでありながら、しっかり勉強されたい方向けです。

 

5週間のタームのうち4週間は小テストがあります。また、テストの結果が悪いとクラスレベルが落ちることもあり、厳格なレベル分け体制を整えています。

 

無料でアルバイト紹介

学校が仕事探しをサポートしてくれます。確実に働けるところの紹介ではございませんが、メルボルンで仕事探しが心配な人には安心材料となるでしょう!

 

 

在校生の国籍割合

 

メルボルンの語学学校では比較的、日本人生徒の割合いが低い傾向にありますが、INUSにおいても日本人学生の比率は10%~13%が年間を通じての平均値となっています。

 

一桁台の学校もあり極端に少ない数字ではありませんが決して多すぎる数字でもありません。メルボルンの有名校では日本人率が20%を超える学校もあります。

 

INUSにおける全体人数は240人~280人ほど、南米からの生徒が多く全体の3割~4割を占めます。ヨーロッパ圏からが30%、そして日本を含むアジア諸国からが30%くらいの割合です。

 

最新国籍情報:2017年2月11日調べ

以下は午前中にスタートする授業の受講者数です(全体で120人)

 

アジア圏から

日本人 17人

韓国    13人

タイ    28人

他、台湾、ベトナム、香港、サウジ

 

南米圏から

コロンビア 14人

ブラジル 8人

アルゼンチン 5人

チリ 2人

メキシコ 2人

 

ヨーロッパ圏から

イタリア 14人

フランス 3人

他、ギリシャ、ポーランド、ドイツなど

 

以下の画像は、どの受講レベルで、どの国の生徒が何人属しているかのなかなか興味深い数字になります。A1が一番下の受講レベルです。

 

 

豊富なオプショナルクラス

 

大それたものではありませんが、オプショナルクラスとしてスポーツ系や、勉強系のワークショップ(発音クラスやグラマークラスなど)が毎日1時間開催されます!

 

1週間の授業時間は25時間です(自習時間も無し)

月~金曜日

基本授業が1日4時間x5日間 

毎日1時間のオプショナルクラスx5日 

 

週20時間の語学学校も多い中、INUSでは自習時間なし!全て対面授業の週25時間となります。

 

INUSでは毎日のデイリーアクティビティー(オプショナルクラスの事)の他に月1回の校内イベントも開催しています。

 

校内イベントのインタナショナルランチパーティーの様子です。



校内イベント:BBQの様子

 

Baristaコース

 

メルボルンで人気のBaristaコース

 

INUSのバリスタコースは5週間のプログラムです。コーヒーについて、カフェで働くということについて学びながら、実際のコーヒー作り(ラテアート含む)を身につけていきます。

 

授業はコーヒーの歴史や作り方、採用される履歴書の作り方、レストランで使われるフレーズ を主に勉強する学校での授業と学校内に設置されたカフェを運営する模擬体験、さらに ローカルカフェで実際に働くインターンシップによって構成されています。

 

学校での授業ではコーヒーの種類についての基本からホスピタリティで必要な英語力を強化し、 実際のカフェで働くために必要な知識を習得します。 具体的には様々なシーンで使われる フレーズや正しい文法、お客様の要望への対応、食事やコーヒーの勧め方などになります。 コーヒーの歴史についても学び、カフェ文化やオーストラリアのコーヒー産業について、より 深い知識を身につけることができます。

 

インターンシップでは、コーヒー作りだけでなく、カフェで働くのに必要とされる技術についても学びます。学校卒業後など、カフェで将来働いてもらうことを目標にしているので実際のカフェで 行うように掃除から簡単な食事作りのお手伝い、ウエイトレスとしての業務もこなして頂きます。

 

学校でのトレーニングでは、バリスタレッスンが中心になります。美味しいエスプ レッソ・コーヒーの作り方、正しいミルクの注ぎ方、ラテアートの描き方などを定員6名の 少人数コースできめ細かく丁寧に教えてもらうことができます。その他にもオーストラリアのカフェで仕事を探す際に必要な履歴書の作り方や面接のテクニックがレクチャーの中に含ま れています。

 

学校内でのコーヒー知識の習得と練習、そしてインターンシップ(無給)でのトレーニングを含んだプログラムになっており、オーストラリア人と仕事をして現地の方の英語に触れたい方、ローカルカフェでの仕事に挑戦してみたい方に最適のプログラムとなっています。

 

5週間の期間中、学校での勉強と現地ローカルカフェでのインターンシップを含み総合で100時間近くになり、ローカルカフェで即戦力で働けることを目指します!

 

 

バリスタ授業のサンプル

・コーヒーに関しての基礎知識

・接客用の英語

・コーヒー文化

・カウンターサービス

・就職活動(カフェ用の履歴書の書き方、面接の受け方等)

・併設カフェにて実践練習

・経験のある先生の指導のもとでの技術実践

・学校内のカフェでのお仕事経験 

 

コース期間:5週間

コース回数:9回/年

コース人数:6人/最大

 

開校スケジュール(2017年度)

1月16日 2月27日 4月3日 5月15日 6月19日 7月31日 9月4日 10月16日 11月20日 

 

 

カフェでのインターンシップもあり受講資格はIntermediate(中級)以上が対象です。初級や初中級レベルから入学をする方は12週間の一般英語コースを受講した後、このBaristコースを受講されると良いでしょう。

 

また、このプログラムへの入学希望者は申し込み前に(日本で)テストを受けて頂き入学基準を満たすか?またはBaristaコース前に何週間の一般英語コースの受講が必要か?の判断ができます。

 

テストは添付メールで送れ、無料で受けられるので、必要な方は当社までお問い合わせください。

 

バリスタコースをもっと詳しく読むはこちらをクリック

 

 

2014年10月6日からバリスタコースを受講したKさんの卒業レポートです。

 

バリスタコースの5週間という期間、長いようですが、すごく短く感じました。実際のローカルカフェでのインターンもですが、学校のカフェで実際に自分たちでオーダーをとって、それを短時間で作って提供するという経験はすごくいい経験になりました。

 

さらにCoffeeについて学びたいという思いと、バリスタとして働きたい気持ちが強くなりました。インターンでもですが、やはり英語力は必要になるので自分にはまだまだ足りてないと感じました。けれど、何よりも楽しくて夢中になれた5週間でした。

 

カフェの街のメルボルン!

Coffee好きにはたまらない街ですね。カフェめぐりが大好きなので、カフェ本も買ってめぐるのを楽しんでます。今からバリスタ仕事探し、頑張りたいと思います。

 

以上

 

 

そして、以下に感想を頂いた Wataru さんはINUSでのコース終了後にカフェでのボランティアを経てビクトリア州にあるモーニントンでバリスタとしての 仕事を実際に手に入れ就労、その後もパースでバリスタとして働いているそうです。


バリスタコースのサンプルスケジュール

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金

$100/ワーホリ 

$200/学生

 

1~48週間 $320

 

Baristaコース費用

5週間のコース費用 $2300

教材費$250

  

滞在手配料$240

ホームステイ料 週$290

空港送迎費用$145

 

只今、キャンペーン中!!

一般英語コース他、Baristaもキャンペーン中です

 

キャンペーン情報はこちら

 

INUSの動画

 

 

 

 

 


 

Impact Englishの最大の特徴

 

English Only Policyの徹底

オーストラリア全土の語学学校の中で比較しても、特に厳しく母国語禁止を徹底しており、校内、教室はもちろんの事、階段やトイレを含む全ての場所で英語以外の言語を話すことを禁じています。このルールに違反した場合は、1日、停学になります。

 

英語を上達させる一番の近道は常に英語を話すこと!と考えて母国語禁止ルールを徹底させ生徒全員が常に英語でコミュニケーションが取れる環境を作り上げています。

 

全くの初心者で入学する方は最初は厳しいかもしれませんが、こういった厳しい環境に飛び込んでこそ、英語力は向上すると思います。

 

この徹底した条件を分かって入学をしている生徒達ですから、学ぶ意欲の高い学生が在籍しています。これはお互いにとって良い相乗効果が生まれるでしょう。

 

また、その一方で日本人スタッフも常駐していますので、カウンセリングROOMでは日本語での相談もでき、サポート体制も万全に整っています。

 

ほぼ毎日行われている無料の勉強アクティビティでは、自分のレベルと弱点、スケジュールに合わせて自由に参加することができます。アクティビティに参加すると英語力が伸びるだけでは無く、友人作りにも役立ちます 無料アクティビティは、会話クラス・発音クラス・文法クラス・シングリッシュ(歌)スポーツ系アクティビティなどがあります。

 

基本の英語コース

 

一般英語コースでは、

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの基本4教科でカリキュラムが組まれていますが、特にスピーキングを向上させるように学校は努めており、会話中心の授業スタイルとなっています。なるべく1クラスの人数を少なくし(平均10~12人)会話がしやすい環境を創りだしています。

 

Cambridge英検コース

Impact Englishは、IELTSやCambridge英検の試験官資格を持つ教師が多く居ることもあり、特にCambridge英検準備コースの評価は高いです!

 

日本で言う所の「英検」ですが、レベルが全く異なり、より高い英語検定試験となっています。ワンランク上の英語力を目指すならCambridge英検はお勧めです。

 

受講コースは年4回(試験が年4回)

Cambridge英検のテスト日に合わせてプログラムが開講され、10週間~12週間のコース期間で試験日まで徹底して勉強をします。

 

Cambridge英検についてはこちら

 

 

最新国籍:2017年1月23調べ

2016年9月~12月の国籍比率です。

 

日本人:26%

コロンビア:18%

韓国:12%

ブラジル:11%

タイ:10%

台湾:8%

ヨーロッパ:8%

他:7%

 

総生徒数|通年580~650人にて推移しています。

 

 

人気のBaristaコース

 

カフェ天国とも言われるメルボルンですが、大小様々なカフェがあり、その数は人口比率で言うとフランスのパリより多いそうです。

 

Impact Englishのバリスタコースは、地元のCafeやBarで働くための英語力と技術、そして資格を習得するためのコースです。

 

ただ単純にバリスタの資格を得ることを目的とせず、ローカルのCafeで即戦力で働けることを目的としたコースです!

 

バリスタコースの入学基準はIntermediate+(中級)以上が対象です。初級や初中級レベルから入学をする方は、12週間の一般英語コースを受講した後、このバリスタコースを受講されると良いでしょう。

 

 

レッスン内容のサンプル

・コーヒーに関しての基礎知識

・接客用の英語

・ロースト工場の見学

・ワインとチーズの知識とテイスティング

・メルボルンの有名なカフェの見学とレポート作成

・就職活動(カフェ用の履歴書の書き方、面接の受け方等)

 

授業内容サンプル

・3.5時間の基本的なコーヒー作りの実践授業

・6時間の上級的なコーヒー作りの実践授業

・経験のある先生の指導のもとでの技術実践

・学校内のカフェでのお仕事経験

・コーヒーアートなど 

 

コース期間:5週間

クラス人数:12人/最大人数

コース回数:19回/年

 

バリスタコース

2017年度の開始スケジュール

1月3日 1月16日 2月6日 2月20日 3月14日 3月27日 4月18日 5月1日 5月22日 6月5日 6月26日 7月10日 7月31日 8月14日 9月4日 9月18日 10月9日 10月23日 11月17日

 

Baristaキックスタートプログラム

上記、Baristaコース(5週間)修了後、無給ですがメルボルンにあるカフェで2週間働くことができるプログラムです。コースを修了しただけでは経験が無いことからカフェで仕事を見つけられないケースもあり、実経験を積み、仕事探しを優位に進めたい方向けのプログラムです。

 

プログラム費用$450

・カフェで2週間のインターンシップ手配料

・カフェで働いた経験のリファレンスレター

・キックスタートワークショップ

1:インターンシップコーディネーターとの面接指導

2:職場での働き方を学ぶ指導

3:職場でのコミュニケーション指導

4:生徒が作るコーヒーの指導や評価

 

 

Baristaコースへの入学希望者は申し込み前に(日本で)テストを受けて頂き、入学基準を満たすか?またはバリスタコース前に何週間の一般英語コースの受講が必要か?の判断ができます。

 

テストは添付メールで送れ、無料で受けられるので、必要な方は当社までお問い合わせください。

 

 

バリスタコースのサンプルスケジュールと動画

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金 $200

1~48週間 $350

 

バリスタコース

5週間$2100+教材費$100

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145

 

キャンペーン情報はこちら

 

日本語の学校案内

Impact English Collegeの動画

 

 

 

 

 


Universal Institute of Technology

facebookページ

Universal Institute of Technology(UIT)は、ビジネス専門学校付属の学校だからできる、一般英語だけでなく将来のキャリアに活かせる英語+αを得ることができます。

 

例えば、

英語+ビジネス知識

英語+大学やTAFE進学へのアカデミック英語

英語+英語教授法(TESOL)

英語+バリスタ実技 

など、英語だけで終わらないところがUITの魅力の1つです

 

世界20カ国以上から集まるクラスメイトと一緒に学ぶことができ、日本人学生の比率は1%~5%と、メルボルンの語学学校の中でも極めて少ない日本人比率です。日本語が通じない環境で間違いを気にせず会話スキルを磨くことができるでしょう。様々な国の、様々なバックグラウンドを持った留学生たちが一同にクラスに会し、国際交流を深めることができます。

 

日本人の少ない学校が良い!

という希望の方は打ってつけの学校だと思います。

 

講師陣は全員大学学位、および講師資格所得者で、日本でも英語を教えた経験のある先生も数人います。大学付属の学校でも教えている講師陣は、その人格の良さは勿論のこと、授業の質も非常に高いです。

 

 

一般英語クラスは

 

Elementary(初級) ~  Advanced(上級)までの5レベルの設定があり、1クラスの人数は13~18人です(Afternoonコースは平均10人)

 

主にテキストで扱うトピックを基にクラスが進められます。リスニング、リーディング、ライティング、文法(ボキャブラリー)そしてスピーキングと、全スキルを総合的にあげていくような構成となります。グループワーク・ペアワーク、ディスカッションも頻繁に行われ、発話する場面は非常に多いといえます。

 

金曜日はその週の総まとめとなり、上記スキルの内、いずれかをターゲットにしたテストが行われます。

 

全てのスキルをあげていく構成になっていながらもスピーキング主体となり、沢山の発話機会を持つことができます。

 

 

一般英語コースにはMorningコースAfternoonコースがあり、Morningコースのスケジュールは午前8:30~10:30までの1セッション、30分の休憩後、11:00~13:00までの1セッションで、1日合計が4時間のクラスです。月~金曜日で週20時間というスケジュールです。

 

Afternoonコースは、

午後13:15~15:15までの1セッション、30分の休憩後、15:45~17:45までの1セッションとなり、1日:4時間 月~金曜日で週20時間というスケジュールになります。

 

 

クラス修了後の無料のアクティビティもあります

 

Morningコースの受講者が対象となりますが、13:15分から約1時間ほど、以下の様なアクティビティが用意されています。

 

アクティビティ例は以下の通りです

月曜:Job Club – 仕事の探し方や履歴書の作り方についてなどのアドバイス

火曜: Music &Listening −英語の歌を通じて英語を習得します

水曜:Conversation Club −フリートークの英会話クラブ

木曜:Explore Melbourne −メルボルンにある数々のアトラクションを訪れます

金曜:Pub Trip −メルボルンで有名なパブに先生と一緒に訪れます

 

 

夜22:00までPCルームなどが利用できます

 

UITは専門学校も併設されており、また、大学やTAFEなどへの進学コースも夕方18:00から開講されている為、学校は22:00まで出入りが可能です。

 

そのため一般英語コースの受講者も22:00まではPCルームやコモンルームを利用でき、自習をすることも出来ます。また、wifi環境もあるのでご自身のPCやスマホを接続しても良いでしょう。

 

併設されている専門学校ではビジネスコース、マネージメントコース、メディアコースなどがあり、地元のオーストラリア人他、アメリカ人、イギリス人などネイティブスピーカーも通っています。

 

 

Baristaコース

 

メルボルンで開講しているバリスタコースの中でも最長の8週間コースとなります。英語とコーヒーレッスンが4週間 + ローカルカフェでのインターンシップが3週間(内、準備期間が1週間加わります)

 

・履歴書作成サポート

・カフェで用いられる基礎カフェ英語レッスン含む

 

定員:12名

入学条件:中級英語強(要スピーキング&筆記テスト)

インターンシップは無給となります

 

以下、サンプルのタイムスケジュールです

*次回開講11月3日は無視して下さい*

 

TESOL(英語教師養成プログラム)

 

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略称で、英語を母国語としない人たち向けの英語教授法を意味します。初めて耳にする方も多いと思いますが、要するに英語の教師になる為の特訓コースです。

 

UITのTESOLは8週間のコースとなっており、実際に教える実技も含まれ、英語教師になるための術を徹底的に身につけます。コース終了後はサティフィケート(終了証)が発行されます。

 


 

日本人率の少なさ

 

先にも触れた通り、日本人学生の少なさは、メルボルンの語学学校の中でも極めて低い数字となっています。約300人(2015年6月調べ)の生徒が英語コースで勉強していますが、たった数人になることも珍しくありません。

 

他の国籍に目を向けても、

南米(ブラジル・チリ・コロンビア・メキシコ)

ヨーロッパ(トルコ・イタリア・フランス・ギリシャ・ポルトガル)

アジア(韓国・台湾・マレーシア・タイ・ベトナム)

 

など多くの国から生徒が集まっています。

 

日本人が少なくて多国籍な学校が良い!というリクエストを挙げる方が多いですが、打ってつけの環境だと思います。

 

 

2016年6月の国籍統計は以下の通りです。

 

日本5%、他、コロンビア25%、タイ14%、トルコ12%、韓国14%、ベトナム8%、スペイン4%、イタリア4%、チリ3%など

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

一般英語コース

入学金 $200

1週間~ $320

 

TESOLコース

入学金 $200

8週間コース $3500

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145

 

 

 

 

 

 

 


2016年9月5日に新校舎に引っ越しました。 

新校舎の住所は247 Collins Street, Melbourne,です。

 

Discover Englishは、

世界中で経験を積んだ5人の教師陣により2010年6月にOPENした新しい語学学校です。生徒第一(Students Come First)のポリシーを掲げるこの学校では、生徒一人一人に行き届いたサービス、勉強の目的やレベル別に設定されたコースを通して最高の授業とケアを提供することに努めています。

 

 

Discoverが選ばれる理由

 

・最新設備が整ったキャンパス

メルボルンの中心部にあるお洒落で新しいキャンパスには最新のコンピューターや教材が揃っており、英語を学ぶ環境は抜群です ! 図書室には英語学習のための最新ソフトウェア、教科書、DVD等を導入。キャンパス内ではワイヤレスネットワークを使い、どこでも無料でインターネットが利用できるので非常に便利です。4階建てのビルすべてが校舎に使われ、開放的なルーフトップのテラスでは毎月BBQが行われます。

 

・コースの種類・時間帯の充実

メルボルンの語学学校では数少ないIELTSのパートタイム・夜間コース、OETコースを始めとし、生徒のニーズに合わせてカスタマイズできるコースがあります。オーストラリア国内外で英語教師としての経験が豊富な教師陣は、生徒の弱点をすばやく見極め、様々な指導テクニック、指導論を駆使し授業を展開しています。 また、レベルチェックも毎週行われています。

 

・充実したアクティビティとサポート

放課後のアクティビティは、会話クラブやフットボール観戦など種類が豊富です。ジョブクラブでは履歴書の書き方やインタビューの練習ができ、仕事探しの強い見方になります。週末にはメルボルンの観光地を巡るツアーも開催さてます。

 

・English Only Policy(母国語禁止)

母国語禁止を厳しく取り締まっています。違反者には罰金として募金をさせています。ただし、カウンセリング専用ルームや、屋上のデッキでは母国語を利用してもOKとしており、また日本人スタッフもおり日本語での相談も可能です。

 

 

一般英語コース

 

英語の各技能の向上とコミュニケーション力の自信と上達を目的としたコースです。日常生活で必要な英会話能力や海外では大切な意見を伝える自信、上級レベルでは時事問題などもカバーします。受講生徒はとても国際色豊かで1つの国籍に偏らないように配慮をしています。

 

通常、多くの語学学校では4週間~6週間に一度のテストがあり、その結果を受けて次のレベルへとアップするというシステムですが、Discover Englishでは毎週アセスメント(評価)があり、英語力の確認をするレベルチェックテストがあり、英語力が身につき次第、次のクラスレベルへ上がることができます。

 

また、このアセスメントでは、レポートの作成、プレゼンテーション、宿題、授業への参加姿勢などが含まれ、先生からのフィードバックで自分の状況を確認することもできます。

 

ライブラリーセッション(13時~14時)

週20時間の対面授業に加え、ライブラリーセッションと称し、毎日、図書館に先生が常駐しており授業意以外のことでも質問することができます。図書館にはレベル別の小説、ドラマ、映画のDVDを無料で借りることができます。また、図書館のコンピュータを使って自習も可能です!

 

エクストラ・クラス(14時~15時)

さらに曜日別に日替わりで様々な無料クラスにも参加できます。

 

現在のスケジュール

月曜日:発音

火曜日:TOEIC対策

水曜日:進学英語

木曜日:ボキャブラリー

金曜日:会話

 

毎週火曜日は JOB CLUB にて、履歴書の書き方や面接の練習に至るまでオーストラリアでのお仕事探しのお手伝いも行っています。

 

様々なアクティビティに参加する事ができ、授業以外でも英語が使える環境が整っており、生徒企画型の「ディスカバリークラブ」では、自身の特技や趣味などを披露・共有するアクティビティーがあり、過去、クッキング教室、ダンスレッスン、生け花教室等が行われました。もちろん英語ですべてプレゼンテーションをする必要があり、英語力向上にも繋がります。

 

 

2016年8月8日調べ、国籍ベスト5

1. 日本 20%

2. コロンビア 19%

3. 韓国 10%

4. 台湾&タイ 8%

5. ブラジル 6%

他、トルコ、スイス、イタリア、など

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金 $220

1週間以上 $330

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145

 

只今、キャンペーン中!!

キャンペーン情報はこちら

 

Discover Englishの動画

 

 

 

 

 


Kaplan International 

facebookページ

 

Kaplan Internationalは、世界的な語学学校の組織であるカプランアスペクトの加盟校で、オーストラリアにはメルボルン校の他、ケアンズ、シドニー、マンリー、アデレード、パースにもキャンパスがある大型グループ校になります。

 

組織校ゆえ、母体がしっかりしているので校内設備の充実度は高く、教師育成にも力を入れており、基本的に講師は皆6年以上の経験を積んだ先生を採用しています。

 

メルボルン校は、メルボルンで最も安全で綺麗なエリアとされるドックランズにあります。学生の能力を最大限に引き出し、確実にレベルアップさせるため工夫を凝らしながら授業を進めていきます。インターネットが利用できるコンピューターも豊富に取り揃えられ、オープンカフェも完備されています。

 

専門学生と同じビル内に位置しており、ヨーロッパや南米からの生徒も多く在籍しています。ビルの4階にある学生のためのラウンジルームにはカフェが併設されており、休み時間には沢山の生徒が集まる憩いの場となっています。

 

下記に案内する様に、Kaplan Internationalの教授方法は最新のシステムを導入して行われており、受講生がいつでもどこでも、勉強できる環境を整えています。

 

 

K+Learning Systemを導入

 

K+は、カプランインターナショナルが独自に開発した英語学習システムです。

 

授業中や授業外でも活用できる、オンライン、そしてオフラインの総合的な学習支援教材となり、専門のチームより開発されました。PCやスマホの普及により可能にした画期的なオンラインシステムです。

 

K+notes(ワークブック)

・オンライン学習教材や学習アプリに直結したコーステキスト

・英語環境での英語学習に集点を当てた構成

・最新の時事問題や学習者のニーズに即した内容

 

K+move(モバイル)

・移動中に勉強できるアプリやゲーム

・楽しみながら英語力アップ

・どこにいても英語学習を継続

 

K+tools(オンライン)

・K+noteのコーステキストと直結したオンライン教材

・宿題や自主学習に最適

・課題によっては、タイムリーなフィードバックや先生からのコメント

 

K+clubs(クラブ)

・グループ、講義、クラブ形式の学習で、授業の補足

・的確な指導や監督下での学習

・他の留学生と交流し、授業とは異なる環境での英語学習

 

K+Learningの紹介動画

 

英語コースの詳細

 

Intensive English(フルタイムコース)

授業は20レッスンの基礎英語クラスに加え8レッスンの特別スキル、7セッションのK+Learningのコースで、英語をいち早く身に付けたい方向けの集中コースです。

 

1レッスンは45分で週21時間のコースとなり、K+Learningが5.25時間です。

 

基礎英語クラスでは経験豊かた教師陣によるリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの主要4つのスキルに集中した授業で、確かな自信と滑らかな英語を短期間で習得できる内容です。

 

特別スキルでは受講者の英語レベルによって異なりますが、ボキャブラリー、時事英語、地元文化やビジネス英語などが含まれています。

 

ビジネス英語では、実際のビジネスシーンで活用できるように、会議でのプレゼンテーションやビジネス文書の作成、面接の際のテクニックなどのスキルを習得します。

 

K+Learningでは、K+設備や教材の使用、K+toolsのアクティビティや、K+clubsへの参加ができます。

 

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金 $250

2~12週間  $425

13~23週間 $415

24週間以上~ $405

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145

 

只今、キャンペーン中!!

キャンペーン情報はこちら

 

 

 

 

 

 


Embassy English Melbourne

facebook

 

Embassy Groupはイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなど世界を股にかける語学学校グループで、オーストラリアにもメルボルキャンパスの他、シドニー、ゴールドコースト、ブリスベンにもキャンパスを持つ大型の語学学校となります。

 

Embassyのメルボルン校は、

Embassyグループの傘下である大学進学準備校のテイラーズ・カレッジ”と同じキャンパス内にあります。世界的チェーン校らしく校内の設備はとても充実しており、医務室、音楽スタジオ、グラフィックアート・スタジオなど、テイラーズ・カレッジ内の設備も利用することができます。

 

メルボルンのモナッシュ大学への入学希望者を対象としたファンデーションプログラムやテイラーズ・カレッジ(高校)への進学希望者を前提とした準備コースもあります。

 

I studyという最新のインターネット環境での勉強も可能です。I studyはEmbassyが制作したものではなく世界の英語の教材を制作している会社が作成したものです。利用する為の費用は通常登$25かかりますが学校がすべて負担してくれます。

 

 

一般英語コース

 

会話・リスニング・読み書きなど、総合的な英語力を身に付ける為のコースです。日常で必要なコミュニケーション能力を伸ばすことを目的に、基礎文法・発音・口語的表現・イディオム及び語彙など、会話力を伸ばすために重要となる部分に焦点を当てながら学びます。

 

選択クラスでは、コミュニケーションコースを始め、英語試験対策コース、アカデミック英語コース、ビジネス英語コースなどを選ぶことができる。

 

週20レッスンコース、週24レッスンコース、週28レッスンコースと沢山の授業時間が選べます。

 

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金 $230

1~~11週間 $495

12~23週間 $480

24週間以上~ $450

 

滞在手配料 $240

ホームステイ 週$290

空港送迎料 $145

 

キャンペーン情報はこちら

 

Embassy Englishの動画

 

 

 

 

 


Holmes Institute

(Oxford House College)

facebookページ

 

Holmes Instituteはメルボルンキャンパスの他、ゴールドコースト、ケアンズ、シドニー、ブリスベンにもキャンパスを持つ大型グループ校になり40年以上に渡り英語教育を行っている機関です。

 

教師陣の質には定評があり、教師の多くはHolmes Instituteの本部であるこのメルボルン校にてCELTAという教師養成コースを修了し、受講生への教育に努めており、生徒が目標を達成できるように手助けをしています。

 

Holmes Instituteグループの本校であるメルボルン校の校舎は5階建てのビルで、メルボルン市内の旧国会議事堂前にありロケーションも良いです。

 

語学学校の役割だけではなく、提携するビジネスカレッジのメルボルンキャンパスや、ジェームスクック大学のキャンパスとも共有されており、校内は非常に国際色豊かな環境です。また、ビジネスカレッジの生徒の半数以上は地元のオーストラリア人となりネイティブとの交流の機会もつくれます。

 

 

一般英語コース

 

Holmes Instituteの英語コースは、日常生活で役立つ実践的な英語力の習得を目指し、テキストをベースに、文法、読む、聞く、に重点を置いて学びます。

 

4週間に一度、レベルチェックテストを行い英語の上達具合を確認してゆきます。中級レベル以上のクラスでは学生が興味をもって授業に取り組めるように希望分野のトピックや課題を取り入れています。午後の授業は、ロールプレーやゲーム、リスニングなど、実践的な授業を展開してゆきます。

 

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度 

 

入学金 $100(観光&ワーホリ)

入学金 $250(学生ビザ)

 

週20時間レッスン

1~7週間   $345

8~15週間  $320

16~23週間 $305

24週間以上~ $295

 

週25時間レッスン

1~7週間   $395

8~15週間  $370

16~23週間 $355

24週間以上~ $345

 

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145

 

只今、キャンペーン中!!

キャンペーン情報はこちら

 

Holmes Institute Melbourneの動画

 

 

 

 

 


 

Lonsdale Instituteはメルボルンのシンボルであるフリンダース駅から徒歩で5分とメルボルンの中心部に位置する学校です。

 

特に一般英語コースに力を入れており、ユーロセンター(大手語学学校グループ)と統合したことにより、質の高いユーロセンターの教育指導システムを上手く取り入れながら、さらなる質の向上に取り組んでいます。

 

受講レベルは様々ありますが、特に初級レベルから中級レベルにおける英語でのコミュニケーション能力を高めることを重視しています。

 

ジェットシステム

これはコンピューターシステムの事をさし、このシステムによって各学生は10個の弱点を見出すことができるというものです。全ての学生はレベルチェックテストと同様に、入学時にこのコンピュータテストを行います。

 

2週間毎に行われている担当教師との面談ではこのジェットシステムの結果を基に生徒の学力の伸びを確認し、学習に関する具体的なアドバイスを行ないます。クラスのレベルアップについてもこの面談時に対応しています。

 

English Only Policy

母国語禁止のシステムも厳しく取り締まっており、違反者には罰則が与えられ、1回目は注意だけのイエローカードが出され、2回目にはレッドカードが出され、その日の授業に参加する事ができず1日強制停学になります。

 

 

一般英語コース

 

授業では特に発音を重視しています。学生が最初に発音の仕組みを理解して、母国語の影響を抑える方法を習得することができるように指導しています。

 

先にも挙げた通り、一般英語コースでは会話力の向上(コミュニケーション能力の向上)に重点を置いています。

 

月曜日から金曜日までアクティビティーも毎日実施されており、英語のスキルを高めると同時に友達作りも出来ます。また、仕事も探せたり、メルボルンでより沢山の経験ができるようにプログラムを充実させています。

 

毎週、全クラスでフィードバックを提供し、授業のカリキュラムを調整する為のセッションも実施しており、専任スタッフが各学生のニーズに合わせて授業内容を調整しています。

 

 

一般英語コースのプログラム費用

 

2017年度

 

入学金 $110(観光&ワーホリ)

入学金 $220(学生ビザ)

 

1~52週間  $350

 

滞在手配料 $240

ホームステイ料 週$290

空港送迎料 $145