出発前の英語の重要性

 

大きな2つの不安要素

オーストラリアのワーホリを考えると気になることは沢山あると思いますが、

 

・英語力が無いけど大丈夫か?

・生活するだけの費用を稼げるのか?

 

皆さんからアンケートを取ると、この2点が最大の不安要素になっています

 

英語の重要性

正直なとこ、やっぱりここが一番のネックになるし、一番の重要課題だし、一番の不安要素に思う人は多いとおもいます。当然ながら私もワーホリに行く前はそうでした

 

英語力が無くても就ける仕事や、その仕事内容はこちらでお読み頂ければと思いますが、やっぱり英語圏で暮らすには英語が出来た方がご想像の通り利点は多いです

 

英語が喋れなくてもなんとかオーストラリアでは住めてしまうのですが、英語が出来ることにより身をおける環境は間違いなく違ってくるし、英語環境の中で時給の高い仕事にも就けるし、なにより滞在中の満足度が違ってくると思います。これは確実にお約束できます!

 

せっかく海外で暮らし、どうせ仕事をするなら、日本語環境のジャパレスとかじゃなくて、英語環境の中で働きたいですよね?そう考えるのが自然だと思います

 

それができる環境がワーホリにはあります

とは自分の英語力次第なんです!

 

もしも、今はダメでも「行けば喋れる様になれるでしょ!」と安易に考えている人がいたら、残念ながら思っている3分の1程度の英語力しか付かないと思います

 

到着後は語学学校に通うから大丈夫!

と高をくくるのでは無く、出発前の英語の勉強を非常に非常に大切に考えて下さい

 

例えば、英語力が無いまま出発して、働きながらそこで英語を勉強できると思っている方がいたら、残念ながらなかなかそうも行かないと思います

 

出発前の勉強

普段の生活が忙しいと思いますが、多少なりとも勉強できる時間はあると思います。作る努力はできると思います

 

1日に数時間も勉強にあてるのは実際に無理だと思いまが、継続的にコツコツとなら出来ると思います。2,3ヶ月間でもしっかり勉強できる意識と意欲があれば確実に今より力を付けることができます

 

費用もかかるし、英会話教室に行けとは言いません。私は聴きとる力(ヒアリング力)の強化が出発前には重要だと思います。聴き取る力があれば学校生活もスムーズに入れるし、挫折することも少ないと思います。相手の言っていることを聴き取れるのがまずは重要になります

 

相手(先生や友人)の言っている事が聴き取れなければ質問にも答えることすらできません。愛想笑いの回数が多くなるにつれ自信も無くし、学校に通うのも嫌になってしまいます

 

英会話は相手が居ないと成立しませんが、ヒアリングの勉強は一人でも可能です。本屋さんに行けばその手の教材CDも沢山あると思うので。子供向けの簡単な洋画のアニメーション(ディズニー系とか)もお勧めです

 

内容を把握しているものであれば字幕を「英語」にして観るのもお勧めです。音声を英語で聴き、目では英語の字幕を追い、何を言っているか英語で確認する作業です。それと、中学・高校の参考書を引っ張りだして「英単語」を復習するのも立派な勉強になります

 

出発間際になってから、出発前の英語の勉強方法について質問をうけます。大切だと分かっていても、時間に追われる生活の中、なかなか英語が勉強できないと嘆く方も少なくありません。きっと多くの方が同じ事を思われていると思います

 

お勧めの勉強方法は?と聞かれますが、

ここが最大のポイントですよね。私もワーホリに行く前に勉強をしようと意気揚々とやみくもに英単語を覚えようとしてみたり、ヒアリングCDを聴いてみたりもしましたが、効果的に勉強する方法を知らなかったので、結果的に成果が出ているのか分らず、あまり勉強しないで出発をしてしまいました。まぁ、当時の私も行けばなんとかなるだろうと・・・

 

きっと、ほとんどの人が同じなんだと思います。効果が期待できる勉強方法が分からないんだと思います。やったところで「こんなんで大丈夫なのか・・・」とか不安に思ってしまうんですよね

 

結局、どれをすればいいのか、とか、やった方が良い勉強方法を知ったうえで勉強された方が効果は出ると思われます

 

ただ自己流でやみくもにやっていても「成果が出ているのだろうか・・」とか、思いながら勉強をしていても成果が半減するからです!

 

一応、私が持っている(使っている)限りの教材で紹介をすると、数年前に英語関係の仕事をしている友人に勧められて購入した本なんですが、基本的には勉強の上達方法や、効果的な勉強の方法を記載した本で、14章に渡りその方法を記しています。内容に付随したCDも4枚ついています。全300ページ、暑さが2センチくらいある、そこそこ厚い本です

 

こんな感じです

 

上記教材こちらのサイト←クリック)で詳しい説明が書いてあります

 

私もオーストラリアから帰国して10年以上が経ち、英語を忘れかけてしまうので、この本に載っている実践方法を使い今でも勉強しています

 

 

もう一つ私が持っていて実践した教材をお勧めしますが、これは上記の様に英語の勉強方法を記しているものでは無く、ヒアリングに特化したトレーニングCD教材です

 

このヒアリングCD「リスニングパワー」は、発音矯正の世界的権威スコットペリーが開発した教材です

 

スコットペリー氏は、ハリウッド映画の公認講師で日本でも国際的な大企業や一流大学からも声がかかる講師として知られている存在です。一般的なヒアリング教材と大きく違うのは、周波数に着目して開発した教材であることです

 

日本人が英語を聞き取れない理由は、日本人が英語の周波数の音域を聞き取ることができない、または苦手だからとも言われています!この教材を使用することにより、英語の周波数を聞き取ることができるようになるということです

 

その技術は、サウンドエンジニアや科学者の協力により開発された特別なソフトウェアを用いることで、聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる周波数エリアを特定できるようになるということです。この周波数は、特許出願済みとのことです

 

私も実践済みの教材で、その効果を自ら体験しているのでお勧めできます。調べてみると、楽天などの通販サイトで「英語教材売れ筋ランキング」でもよく1位を獲得しているようです

 

このヒアリング教材も詳細を確認し、自分に合いそうであれば購入をお勧めします

ヒアリングCDの詳細はこちら

 

語学学校に通いだし、最初にストレスに感じるのは授業が全て英語であり、その授業内容や先生からの質問すら聴き取れない!というものです

 

聴けなければ何も分からないし、それに返答する事もできない。それでストレスを感じ、英語を拒絶する人も少なくありません。聴ける力が英語力上達の第一歩である事は間違いないと思います

 

赤ちゃんが習うわけでも無く、両親に言葉を聴かされ「パパやママ」と言えるようになるのは耳にした音を言葉で発するからで、英語を話すことも全く同じ原理です。耳で聴き、それを言葉にする!そういった順序になります

 

この教材にはヒアリングCDの他、以下の様な教材も入っています

 

世の中には沢山の教材本がありますが、 肝心なのはコツコツと継続できる勉強方法を見つけ、それを持続させること! これにつきると思います


 

Lady Go to Australia

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

メールで問合せ

LINEで問合せ

 

TEL:03-6318-4175

OPEN:月曜~土曜日 10:00~19:00