オーストラリアのワーホリビザの申請

 

申請条件

ビザ申請時に31歳の誕生日前である事。31歳になる誕生日前に申請を行い受理されれば31歳を過ぎても出発は可能。よく質問される残高証明は必要なし!

 

取得日から1年の有効期限

ビザの取得日から1年以内に出発をして下さい。そしてオーストラリアの入国日から12ヶ月の滞在が可能です。取得日から1年ではありません。到着日を1日目としてその日から数えだし12ヶ月の滞在が可能となります。

 

ギリホリの場合、例えば、

30歳11ヶ月でビザを申請&取得

31歳10ヶ月でワーホリ開始

32歳10ヶ月でワーホリ終了

こんな感じの有効&滞在期限です。

 

ギリホリで2年間(セカンドワーホリ)居たい人は、

セカンドビザも31歳の誕生日前に申請する必要があります。その申請前までに季節労働(例えばファームでの仕事)に3ヶ月以上(88日以上)就く必要があります。

 

少し時間に余裕を持つ為、31歳になる誕生日の半年前くらいには入国するのが理想だと思いますので1年目のワーホリの入国時期は30歳と6ヶ月頃が良いでしょう。

 

1年目のワーホリの到着時に語学学校に2~3ヶ月通うことを考える場合は、30歳と3ヶ月頃に入国をした方が良いと思います。

 

フィリピン留学+ワーホリの場合

フィリピンやフィジーへの留学後にオーストラリアへのワーホリを考えている方もいらっしゃると思いますが、その場合はフィリピンやフィジーへの留学前にワーホリビザの申請をした方が良いでしょう。

 

過去5年間でフィリピンやフィジーに3ヶ月間以上滞在した方がワーホリビザの申請をする場合、健康診断を求められます。健康診断をなくすためフィリピンやフィジーへの留学前にオーストラリアのワーホリビザを申請することをお勧めいたします。

 

 

ビザ申請に必要なもの

パスポート

クレジットカード

emailアドレス

 

パスポートの有効期限にご注意下さい。

 

十分に有効期限があるパスポートにて申請を行なって下さい。有効期限が1年を切るパスポートは更新後のパスポートにて申請されることをお勧めします。

 

クレジットカードは他人名義のものでも結構です。ご本人名義によるクレジットカードが無い場合は親御様のカードを利用されると良いでしょう。

 

emailアドレスは、携帯アドレスでは無く、フリーメールでも構わないのでPCでも確認できるgmailやyahooなどのメールアドレスのご用意をお勧めします。

 

 

ワーホリビザの申請方法

オーストラリア移民局のサイトからネットでのオンライン申請となります。

 

申請サイトはこちらをクリック

ImmiAccountの登録をした後

そして申請画面へと移っていきます。

 

申請の最終画面でクレジットカードの詳細を入れて支払いをしますが、申請費用は現在$440です(2015年7月1日から$440になりました)

 

申請が受理されると登録したメールアドレスに申請受理のメールが届きますが、こんなメールが届きます。添付で書類が送られてきます。

申請後、不備が無ければ数時間後にはビザ承認のメールが届くと思います。

 

早い場合ですと申請直後や数分後には届きます。

 

空港でも現地でも特にビザを見せる事はありませんが、一部の語学学校で登校初日にビザ確認の為、ビザの取得証明を見せて!と言われる事がありますので念の為、受諾メールをコピーして所持しておくと良いでしょう。

 

以上が申請手順になります。

 

申請代行を5000円で承ります

ビザの申請が不安な方は、業界最安値の申請代行料5000円にて承っております。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

 


 

Lady Go to Australia

株式会社 留学のチカラ

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

メールで問合せ

LINEで問合せ

 

Add : 東京都千代田区有楽町1-12-1-11F

TEL : 0466-76-5324(留学事業部への日本国内ダイヤル)