お金を稼ぎ英語力もUP!ワーホリで有給インターンシップに挑戦inオーストラリア

有給ホテルインターンシップとは

オーストラリアの主要都市にあるホテルやリゾートホテルで働き、お金を稼ぎながら英語力を伸ばすこともでき、ローカル環境での貴重な体験・経験ができるワーキングホリデーの方を対象とした特殊なプログラムです。

 

平たく言えばアルバイトの一種に過ぎませんが、完全にローカルホテルでの雇用となりますので誰もが簡単に働ける日本食レストランなどとは異なり周りは完全に英語の環境です。

 

お給料もワーホリの足元を見られるような事もなくローカルが貰える給料形態になりますので祝祭日には時給が倍になることもあります。

 

有給インターンシップ終了後、希望者には就労証明書も出ますのでオーストラリアで仕事を探す時にも使えますし、日本へ帰国した後の就活にも役立つことでしょう。


有給インターンシップで働くメリットや概要

 

・英語環境の生活の中で英語力のUP、生きた英語を学べる!

 

・英語に自信がなくても参加は可能!(英語のレベルにより派遣先は異なる)

 

・お給料を貰いながら本当のローカル体験ができる

 

・オーストラリア人や色々な国のスタッフと一緒に働ける

 

・オーストラリア人と一緒の待遇で高い時給が貰える

 

・修了証・推薦状がもらえるので就活・就職に有利!

 

プログラムの概要

年齢

18歳~32歳までのワーキングホリデービザ保有者

 

仕事内容

フロント、キャッシャーベルボーイ、ハウスキーピング、ラウンドリー、ウエイター/ウエイトレス、キッチンハンド、シェフ、バーテンダー、ツアーガイド、クルーズアテンダントなど

 

地域

オーストラリア全土(シドニー、エアーズロック、クイーンズランド、ノーザンテリトリー、グレートバリアリーフ、リゾートアイランド、タスマニア 他 地域多数)

 

派遣先

3スター以上のホテル、リゾート

 

給料・待遇

オーストラリア人と同じ待遇

 

就労期間

3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月

 

プログラムへの参加費用 

3ヶ月就労 $1400 

6ヶ月就労 $2500 

9ヶ月就労 $3600

 

英語力について

インターンシップで働くためには中級者以上(目安としてTOEIC基準で650点以上~)が望ましいです。

 

しかし、職種は限定されますが簡単なコミュニケーションが取れる方であれば働くことはできます。やる気と根性さえあれば大丈夫です。周りとどれだけコミュニケーションを取れるか?が重要なポイントです。

 

そうは言っても全くコミュニケーション能力が無いと自分が嫌な思いをしたり尻込みをしてしまう事もあるでしょう。


まずは語学学校に通って頂き基礎の英語力を身に付け、その後にインターンシップに参加して頂いても良いでしょう!

 

インターンシップの前は出来るだけ英語力を付けて頂くことをお勧めします。英語力があればあるほど間違いなくインターンシップの充実度が異なります。

 

ポジションや派遣先について

 

個人の英語レベルに応じてホテルの派遣先やポジションが決定されます。

 

ホテルに関するお仕事ですので、フロント、ベルボーイ、キッチンハンド、ウエイター/ウェイトレス、ハウスキーピング、ラウンドリー、クリーナー等、多種多様です。

 

これら仕事のポジションは経験や英語力によってマネージャーから決定されます。


いろいろと希望を伺うことは可能ですがプログラムの性質上、基本的にポジションや場所、ホテルなどを選んで頂くことはできません。


派遣先

派遣先はオーストラリア全土に及びます。

 

9ヶ月など長期で働くことを希望する場合は3ヶ月~6ヶ月ずつ場所を移りながら異なった場所でインターンシップを経験して頂くことも可能です。

 

例えばですが、最初の6ヶ月は海に囲まれた美しいアイランドリゾートで働き、その後の3ヶ月はエアーズロックなどオーストラリア内陸部にあるホテルで働くなど、全く異なった環境で働くことも可能です。

 

一般的なワーホリでは絶対に味わうことのできない貴重な場所で就労をして頂ける!これがホテル有給インターンシップの一番の醍醐味とも言えます。


給料や待遇

このインターンシップでは給料や待遇もオーストラリアの労働基準に従いローカルのオーストラリア人と同じ待遇で働くことができ時給は$15~$32ほどになっています。

 

祝祭日に働くと時給がアップされ$22~$42になることも!


実際にインターンシップに参加中の方々で一番多くもらっている時給は平均して$18~$19です。

 

お申し込み者のお仕事決定情報

2016年4月3日にシドニーに到着し、ホテル側との面談等を経て、4月20日に西オーストラリア州のロッジ系のリゾートホテルにてハウスキーピングとウエイトレスのマルチポジションでの仕事が決定しました!

 

マルチポジションとしてはギリホリの英語力だったのですが、頑張って面接の対策をして、どうにか合格にごぎつけました。

 

オーストラリアに入国して2週間ちょっとです!

 

モデルプラン

インターンシップをするにはそれなりの英語力が必要になります。英語ができないと自分が困ります


ですので、まずは語学学校に通い、しっかりと基礎英語力を付けて下さい。その方がインターンシップをする時にも有利に働きます。


インターンシップをする為の英語力が足りている方は語学学校を卒業して続けざまにインターンシップをしても良いのですが、仮にインターンシップを6ヶ月するとなれば、語学学校に通う期間+インターンシップの準備期間(決定までの時間)+実勤6ヶ月のインターンシップ期間でほぼ1年間のワーホリ期限が終わってしまいます。


1年間で日本に帰国する方はこの日程で良いのですが、2年目のワーホリをしたい方は学校が終わった後はファームジョブ(農場など)に行って、まずはセカンドワーホリの申請資格を得た方が良いでしょう。


ファームジョブで働きセカンドワーホリの申請資格を得るまで4ヶ月~5か月くらいの時間を要します(セカンドの資格を得れる実勤88日を達成するに4カ月~5か月は必要になるでしょう)


語学学校に通う期間+ファーム準備期間(探したり・移動したり)+4ヶ月~5か月の実勤のファーム期間で7ヶ月~10ヶ月は必要になります(語学学校に通う期間により前後する)


仮に8ヶ月の期間がかかったとしても、2年目のワーホリ期間もあるので残りのワーホリ期間は1年4ヶ月もあります。この残り期間の内のどこかでインターンシップをすれば良いと思います。


英語力の心配もあるでしょうからファーム期間を挟んだ方が確実に英語力、特にコミュニケーション能力がUPすると思うのでインターンシップがしやすくなると思います!


派遣先が決定するまでの流れ


インターンシップ手配会社(シドニーにあります)の担当者による英語のレベルチェックテストを受けて頂きます(テストを受けるのは無料です)


テストは会話能力のチェックになり(所要時間5分ほど)LINEかSkypeを利用致しますので、どちらのアカウント(ID)もご用意下さい。テスト後はインターンシップの概要もお話しするので合計の所要時間は30分~40分となります。


レベルテストが可能な日は、

毎週月~金曜日、日本時間で午前10時~16時の間となります。テストを受ける前に必ず英語の履歴書をご用意下さい。作成が難しければ日本語でも可能です。


テストに合格した方のみ、インターンシップに申し込むことができ、派遣先を決定するため以下の行程に進むことができます。



オーストラリアに出発



オーストラリア入国後にインターンシップの手配を開始いたします。2週間~8週間(最長)の間にお客様に見合ったポジションの候補を紹介いたします。


お客様の英語力や経験に応じて、見合ったポジションが見つかり次第、ホテル名と場所の詳細は除き、仕事の条件をお電話でお伝えいたします(日本語での対応です)



ホテルマネージャーとのインタビュー

電話もしくは対面での面接となります(完全英語です)



派遣先が決定します



出発前のオリエンテーション実施

派遣先についての詳細や行き方、注意点を話します(日本語での対応です)



派遣先へ移動、お仕事開始となります

 

 

インターンシップの手配開始は、お客様がオーストラリアにご到着後に開始されます。

 

ホスト企業(雇用側)のマネージャーさんとの面接の多くは対面や電話となりますし、マネージャーさんの都合で急に面接となることもございます。

 

よって現地に到着している事が条件となり、インターンシップ手配会社がシドニーにあり、またマネージャーさんとの対面での面接に即座に対応できるよう、できればシドニーに居て頂くことが望ましいです。


既にオーストラリアに居る方でもインターンシップに申し込むことは可能ですが、テスト合格後はできればシドニーに移動して頂くことが好ましいです。難しい場合は他都市でも対応できるように努めます。


インターンシップの最大の魅力とは

 

このインターンシッププログラムは現地にある派遣会社との提携により実現した特殊なプログラムです。

 

オーストラリアの都市部では仕事が豊富で探しやすい環境ですが、英語ができない人はどうしても日本食レストランなど日本語環境の中でのアルバイトとなってしまうことが殆どです。

 

英語がある程度できたとしても、ワーホリビザでは就労期間に限りがあり、なかなかオーストラリアのローカル企業で働くことは難しいのです。

 

正直申し上げワーホリの方がご自身でローカルの仕事を探し、実際に働く場所を見つけるのは容易ではありません。

 

英語もネイティブのようにいきませんし、オーストラリアは経験重視の社会であり、オーストラリアで働いた経験が無いと面接までもたどり着けないことも多いのです。

 

そのため、このホテル有給インターンシップを利用すればローカルのホテルやリゾートで仕事ができ、給料もオーストラリア人と同じ基準で貰えます。

 

また、何よりこのプログラムの一番の魅力はお金では決して買えない貴重なローカル経験ができる、まさに一石三鳥とも言える価値があると思います。


このインターンシップへの参加を希望する日本人の方の英語力は中級〜上中級くらいのレベルで、派遣先の多くはグレートバリアリーフのアイランドリゾートやエアーズロックなど砂漠側の内陸部のリゾートエリアなど、普通の旅行では簡単に行けないような僻地や秘境のような場所です。

 

これから一生住むことが出来ないような場所でオーストラリアの大自然に囲まれながらの生活や仕事ができます。


 

参加期間は最低3カ月からですが、6ヶ月の参加をされる方が一番多いです。

 

その最大の理由は3ヶ月の仕事のポジションは即戦力として求められることが多く、採用条件も英語・経験共にに高いものが求められる傾向にあるからです。

 

貰える時給も平均して$18、$19と高く、リゾートホテルで働く場合、殆どのところでスタッフ専用の宿舎がありますからお金も貯めやすい環境です。

 

状況により異なりますが、参加する殆どの方が3ヶ月で$4000~$5000位の貯金ができているそうです。

 

多い人では過去たった3ヶ月で$8000以上の貯金ができた人もいるそうです。6ヶ月の就労期間であれば$10000~$15000以上の貯金ができる計算です。

 

プログラムへの参加費用こそ有料ですが、支払った金額以上のお金を確実にペイできるのはこのインターンシッププログラムくらいでしょう。

 

プログラムに参加して日本人が海外生活を送るにあたり一番足りない「自信」というものを強く掴んで帰ってこられた方が大勢いらっしゃいます。

 

インターンシップをするとその経験を履歴書に書けるようになりますし、英語でのコミュニケーション力も伸び、実際にインターンシップ後にローカルの仕事に就かれた方々も沢山いらっしゃいます。

 

 

実際にお金も貯められるプログラムですが、そんなことよりも誰もが簡単に就ける場所で働くのでは無く、英語環境の中でローカルと共に働ける面白さや、身の回りの環境の良さを重視してこのプログラムへの参加を検討して頂ければと思います。

 

考えているワーホリや留学のプランがあればお気軽にご相談下さい。

 

留学アドバイザーの資格を持つプロのカウンセラーよりご案内させて頂きます。


留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック

株式会社 留学のチカラ

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

Email:info@aus-ryugaku.info

WEB:www.aus-ryugaku.info

 

Add : 東京都千代田区有楽町1-12-1-11F

TEL : 0466-76-5324(留学事業部への日本国内ダイヤル)