ワーホリ出発前の英語の勉強方法や重要性について考える!オーストラリア編


オーストラリアのワーキングホリデーについて、気になることは沢山あると思いますが、

 

1:言葉の問題

2:生活するだけの費用を稼げるのか?

 

皆さんからアンケートを取ると、この2つが最大の不安要素になっているようなので今回は出発前における英語の勉強方法や重要性について触れてみたいと思います。

 

自分の英語力に不安を抱いている


正直なとこ、やっぱり英語が一番のネックになるし、一番の重要課題だし、一番の不安要素に思う人が多いと思います。私自身もワーホリに行く前はそうでした。

 

英語力が無くても就ける仕事や、その仕事内容こちらに書きましたがやっぱり英語圏で暮らすには英語が出来た方がご想像の通り利点は多いです。

 

英語が話せなくても、なんとかオーストラリアに住めてしまうのですが、英語が出来ることにより身をおける環境は間違いなく変わるし、英語環境の中で時給の高い仕事にも就けるし、なにより滞在中の満足度が違います。これは確実にお約束できます!

 

せっかく海外で暮らし、どうせ仕事をするならば日本語環境のジャパレスとかじゃ無く英語環境の中で働きたいですよね?そう考えるのが自然だと思います。

 

それができる環境がワーホリであり、あとは自分の英語力次第なんです!

 

もしも、今はダメでも「行けば喋れるようになるさ!」と安易に考えている人がいたら、残念ながら思っている3分の1程度の英語力しか身に付かないと思います。

 

到着後は語学学校に通うから大丈夫!と高をくくるのでは無く、出発前の勉強は非常に重要視して下さい。それがワーホリ成功への第一歩です!

 

例えば、英語力が無いまま出発して、働きながらそこで英語が勉強できると思っている方がいたら、残念ながら都合よくそうもいかないと思います。

 

出発前の勉強は何をすべきか?

 

普段の生活が忙しいと思いますが、多少なりとも勉強ができる時間はあると思いますし、気持ちがあれば作れると思います。

 

学生さんでも無い限り、1日に数時間も勉強にあてるのは無理だし続かないと思いまが、短時間であれば継続的にコツコツとできると思います。

 

2,3ヶ月間でも、しっかりと勉強する意識と意欲があれば、確実に今の段階より力を付けることができます。

 

勿論、総合的に勉強できれば一番良いのですが、私は聴きとる力(ヒアリングの強化が出発前には重要だと考えています。

 

聴き取る力があれば、学校生活もスムーズに入れるし、挫折することも少ないと思います。相手が言っていることを聴き取れる!まずはこれが重要だと思います。

 

相手(先生や友人)の言っていることが聴き取れなければ、質問にも答えることすらできません。愛想笑いの回数が多くなるにつれて自信も無くし、学校に通うのも嫌になってしまいます。

 

英会話は相手がいないと成立しにくいですが、ヒアリングの勉強は一人でも可能ですよね?本屋さんに行けばその手の教材CDも沢山あるし、子供向けの簡単な洋画のアニメーション(ディズニー系とか)もお薦めです。

 

内容を把握しているものであれば字幕を英語にして観るのがお薦めです。

 

音声を英語で聴き、目では英語の字幕を追い、何を言っているか英語で確認する作業です。それと、中学・高校の参考書を引っ張りだして英単語を復習するのも立派な勉強になります。

  

出発の間際になって焦っても・・

 

出発の間際になってから英語の勉強方法について多くの質問をうけます。


大切だと分かっていても時間に追われる生活の中、なかなか英語の勉強が進まない、手に付かないと嘆く方も少なくありません。きっと多くの方が同じ事を思われていると思います。


お薦めの勉強方法は?

と、聞かれますがここが最大のポイントなんですよね。

 

私もワーホリに行く前は英語の勉強をしようと、意気揚々とやみくもに英単語を覚えようとしてみたり、ヒアリングCDを聴いてみたりもしましたが、効果的に勉強をする方法を知らなかったので、結果的に成果が出ているのか分らず、あまり勉強しないで出発をしてしまいました。

 

当時の私も行けばなんとかなるだろうと・・・

 

きっと、ほとんどの人が同じなんだと思います。効果が期待できる勉強方法が分からないんだと思います。やったところで「こんなんで大丈夫なのか・・・」とか不安に思ってしまうんですよね。

 

とにかく手を付けてみることが重要です

 

本屋さんに行けば沢山の教材が売られているし、最近ではSkypeを使った格安英会話レッスンなども登場していますが、正直、どれか良いのか分からないと思います。どれが、どの方法が自分に合っているかの判断は難しいと思います。

 

一番重要なのは、何でも良いので、まずは簡単なものから手を付けてみることです。

 

やり始めてみると自分の弱点が見えてくるものです。やならければ欠点も見いだせません。やり始めて、継続ができれば、少しづつでも上達ができて次のステップに移れます。

 

結局、何もやらないままの人が多いのが現実なので、まずは1日30分でも良いので英語を勉強する癖を付けてみてください。スマホのアプリでちょっとでもOKです。

 

その継続が後に必ず活きてきますから。

 

私は語学力が初期段階の頃、TOEICの教材に入っているヒアリングCDを聴きまくり、本に書いてある英文を追いかけて、とにかく英語を聴き慣れるようにしました。


耳にしたものが脳に記憶され、それを言葉に出すと会話力のUpになります。あとはどの場面で、どう使うかだけの問題です。


ヒアリングの上達 = 会話力の上達にもつながると私は思います。


ワーホリ英語シミュレーター

 

参考までに、お薦めの教材の1つを紹介します。

 

ワーホリ英語シミュレーター

 

ワーホリへ行く方のために特化して作られた日本初のワーホリ専用の英語教材です。

 

実は、この教材は過去に私がサポートさせて頂きワーホリに行った中川侑人さんと、中川さんのパートナーである福嶋さんが共同で作成した教材です。勿論2人共オーストラリアのワーホリ経験者です。

 

英語力を活かして時給の高いアルバイトに就き、十分にオーストラリア滞在を満喫した2人です。ゆえワーホリで暮らす中での英語の重要性を訴えています。

 

これからワーホリに行く人に特化した内容で作られていますので、私も興味深く教材を拝見しましたが内容は非常に濃いものでした。

 

教材の説明文章の中で一部共感できない部分もありますが、その他の出発前に英語を勉強しなければ!という内容は私も同じことを訴えています。

 

ちなみに共感できない部分は「語学学校に通うなんで大金をドブに捨てるようなモンです」という内容です。

 

これは少し誤解を招く言い方だと思いますが、でも、まったく勉強して行かない人は学校に通っても授業の内容が理解できず、勉強を投げ出す人もいるでしょう。そんな部分で言えばこの言葉も当てはまります。

 

出発前にある程度の基板を作り、その上に語学学校での勉強を積み重ねてみて下さい。きっと大きな良い成果をもたらします。

 

語学学校に通う学費は1週間に3万円を超える事が多いと思います。その費用対効果を良くする為、この教材に14800円払っても私は安いんじゃないかと思いました。


ワーホリ英語シミュレーター

 

出発前の勉強教材として活用してみて下さい。

 

購入者の声


購入者から簡単な感想を頂いたので原文をそのまま載せます。

 

<感想>

教材に関して、私がどのくらい吸収できるかわかりませんが、取り掛かりやすいのでとてもお薦めです。私自身、受験の失敗で英語に拒絶反応があり、勉強を始めるのに労力が必要です・・笑

 

特に仕事が終わってからの勉強はやる気を出すまでが大変ですが、今は仕事後にこの教材をやるのが楽しみになってます。また、細かくレッスン内容や項目が分かれてるので今日はここまで!と目標設定がしやすいですし、時間がない時には単語だけでもやりたいと思うことができます。

 

教材のサンプル動画



留学エージェントに言われるがまま、高すぎる海外保険への加入を考えていませんか?

最安値の保険は1年間(12ヶ月)で127520円からご案内しています。

海外保険の詳細についてはこちらをクリック

株式会社 留学のチカラ

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

Email:info@aus-ryugaku.info

WEB:www.aus-ryugaku.info

 

Add : 東京都千代田区有楽町1-12-1-11F

TEL : 0466-76-5324(留学事業部への日本国内ダイヤル)