2カ国留学|フィリピン留学+ワーホリがトレンド。

主にフィリピンですが、東南アジアなど物価の安い国で英語を学び、英語力を上げてから希望している国へのワーホリや留学に行くスタイルが定着しています。

 

これを2カ国留学と呼び、

3つの大きなメリットがあります。

【メリット3つ】

1:留学費用を抑えられる

オーストラリアで学校に通う場合の学費・滞在費と比較すると3割~4割くらい費用を抑えることができます。

 

具体的に同じ条件で1ヶ月の学校と宿泊費の合計金額で比べてみましょう。

 

【オーストラリアの全寮制の学校】

入学金 $250

授業料 $1520

教材費 $40

学生寮 $980

諸経費 $250

合計 $3040(オーストラリアドル)

日本円にして246,240円

*1日/4時間の一般英語コース

*学生寮は4人部屋/3食付き

 

【フィリピンの全寮制の学校】

入学金 $100

授業料 $850

教材費 $50

学生寮 $365

諸経費 $175

合計 $1540(アメリカドル)

日本円にして172,480円

*1日/8時間の一般英語コース

*学生寮は4人部屋/3食付き

 

フィリピンの方が3割安くなります。

 

さらに、ほぼ缶詰状態で勉強するフィリピン留学は平日にお金を使うことが殆どなく1ヶ月のお小遣いを考えると総額では4割ほど安くなる計算です。

 

2:短期集中で英語力をUpできる

費用以上のメリットは、

授業時間の多さと1付1のレッスンです。

 

オーストラリア他、欧米諸国の学校の授業数は1日4時間~5時間が殆どです。

 

1クラス12~15名程度の生徒でグループレッスンを行います。

 

フィリピンでは1日7時間~10時間の授業を行い、その大半が個人レッスンです。

 

例えば、個人レッスンが4時間、グループレッスンが2時間、参加自由のオプションクラスが3時間など、授業数は欧米諸国の2倍です。

 

グループレッスンは1クラス3名~4名の構成が殆どです。

 

容易に想像できると思いますが、授業数の多さ、1付1の個人レッスンがあり、グループレッスンも少人数。

 

短期間で英語力をレベルアップさせるには最高の環境です。

 

学校にもよりますが強制的に1日2時間の自習クラスがあったり、宿題も多かったり予習復習もあったりと、1日10時間以上勉強するのも当たり前です。

 

3:ワーホリ期間を最大限活用できる

基本的にワーホリは1年間しか滞在ができません。

 

オーストラリアは条件を満たせば2年、3年と期間を延ばすこともできますが、仮に1年間しか滞在できないとします。

 

ワーホリの魅力は働くことができ、収入を得ながら生活ができること。

 

仮に最初の3,4ヶ月を学校に通う期間に当ててしまうと、働くことができる残りのワーホリ期間は8,9ヶ月となります。

 

1年間のワーホリを最大限活用するには、例えば、フィリピン留学3ヶ月+ワーホリ1年というプランがお勧めです。

 

もちろん、フィリピンでは味わえない素敵な環境で学校に通うこともできますから、この辺は個人の好みや考えにもよりますしオーストラリアで学校に通うメリットも沢山あります。

 

あとは、半年くらいの留学を考えている人にも有効です。

 

例えば、オーストラリアは3ヶ月以内の滞在であれば容易に500円で取れる観光ビザの取得だけで行くことができます。

 

3ヶ月以上の滞在をするにはワーホリビザか学生ビザを取得する必要があるのですが学生ビザは47,000円ほどの申請料が必要です。

 

数ヶ月の滞在に1年間の滞在ができるワーホリビザを取るのは勿体無いですし申請料も37000円ほど必要です。

 

【フィリピン留学3ヶ月】

     +

【オーストラリア留学3ヶ月】

 

このような形であればビザ代は殆ど必要なく、半年間で2カ国に行けます。

 

人種、文化の異なる国をそれぞれ経験することができます。

 

ここ数年、経済成長率が6%以上あがり続け、活気ある経済のフィリピンを見るのは勉強になりますし、移民国家で沢山の人種と交流が持てるオーストラリアは価値観を広げてくれるでしょう。

 

フィリピン政府観光省のお墨付き

東京のフィリピン大使館内にあります【フィリピン政府観光省】に当社の代表取締役の奥津がお邪魔をして色々と話を伺ってきました。

 

左:フィリピン政府環境省 横山泰彦様

右:当社代表取締役 奥津陽一

 

治安のこと、経済のこと、もちろん留学のことまで沢山のお話をして頂きました。

 

1から10まで書いてしまうと長くなるので特に印象に残ったことを書きますと、

 

今まではフィリピンで学校に通う都市=セブが多かったが、今後はバギオやクラークといった都市が注目されるだろう。

 

第一言語は【タガログ語】だが、アメリカの統治国家だった影響から1億人の人口の9割が英語を話せる。ゆえ、英語を学ぶ国として推奨できる。

 

タガログ語 + 英語で【タグリッシュ】と言われるが国際共通語として全く問題ない。

 

フィリピン留学の魅力は1付1の個人レッスンが受けられること。他国では人件費の問題で個人レッスンの提供は難しいであろう。

 

治安は問題ないが、セブは手慣れたところがあり、タクシーのボッタクリなどは注意が必要。

 

経済成長が著しいフィリピンは年6~7%の成長を続けている。人口の平均年齢は23歳と若く、まだまだ発展の余地がある。大学生や社会人がこれらの経済成長を見ると勉強になるであろう。

 

 

欧米諸国よりも安い料金で留学を実現して頂き、そこから他国への留学やワーホリにも挑戦し、どんどん世界を見て欲しいとのことでした。

 

2カ国留学で注目度No1の都市【バギオ】

フィリピン政府環境省の横山さんも挙げていた、今後注目されるであろうフィリピンの留学都市【バギオ】。

 

標高1500mほど、山々に囲まれたフィリピンの軽井沢とも言われ、気候が涼しくとても過ごしやすい都市です。

 

当社のスタッフが滞在した2月は湿度もあまり感じることなく、雨もほとんど降りませんでした。

 

高温多湿のセブ島に比べると本当に過ごしやすい気候です。

 

昼は半袖でも過ごせますが長袖のシャツを1枚羽織ってもよいくらいで、夜は薄めのダウンやパーカーを着るくらい気温が下がります。

 

・ウィキペディアより・

バギオは6月~11月にかけてが雨季で、これらの時期は降水量が多くなります。

 

1日中雨がシトシトと降るのではなく、午後の決まった時間帯に1~3時間ほど降ります。湿気とカビの発生には注意が必要です。

 

移動はマニラから車で約6時間。

バギオへの飛行機は就航していません。

 

マニラからバギオへは小型バスで向かい、約6時間の移動は整備された高速道路が大半ですが、最後の1時間は峠なのでクネクネ道です。

 

送迎は予約できるので、ご自身で移動するということはありません。

【教育の都市と言われる理由】

バギオは【教育都市】【学園都市】などと言われます。

 

4年制大学が8校、専門学校が6校、士官学校(軍隊養成校)など、沢山の教育機関が点在することが理由です。

 

バギオに住む人口の約7割が20代で、主に学生が多く暮らしています。

 

英語の教師は花形職業とされ、大学を卒業した優秀な人材を採用しやすく、それがバギオに点在する語学学校の教師の質につながっています。

 

そもそも、バギオに暮らす人々の教育水準が高く、教師の質の高さはフィリピンでNO1です。

 

1対1の個人レッスンが多いフィリピン留学では、この【教師の質】は大変重要になります。

 

【日本人学生が少ない】

年間、数万人の日本人がフィリピン留学に行きますが、その大多数はセブに点在する語学学校を選んでいます。

 

近年は中国、台湾、ベトナム、タイからの留学生も増えて来ましたが、学校に在籍する多くは韓国人と日本人が占めます。

 

欧米諸国への留学と違い【多国籍】ではありませんから、この点は目をつむらなければなりません。

 

選ぶ学校にもよりますが、セブの学校では日本人率が常に50%以上になることが当たり前だったり、日系の学校では90%以上にも及びます。

 

個人的には【日本人が少ない=英語が伸びる】には直結しないと考えてますが、日本人が極力少ない環境を選びたい人にはバギオをお勧めします。

 

【治安がいい】

治安が非常に良いのもバギオの大きな特徴です。

 

街を歩くと警官も目につき、ホームレスが座っていると注意していました。

 

アジア特有の物乞いもなく、タクシー代金のボッタクリもまず無いそうです。

 

セブに長く暮らし、現在はバギオに住む者いわく、日常生活で気を張ったり、タクシーと料金交渉するストレスから開放されたのがバギオに来てとても感じるそうです。

 

現フィリピン大統領デュテルテの別荘もあったり、そんな地域の治安が悪くなっては国としての名誉が保たれませんので治安が良いのは当然の話です。

 

バギオの人々はフィリピンの中でも比較的富裕層が多く暮らし、 その点も治安の良さにつながっているそうです。

 

治安が良い街だからと富裕層が引っ越してくるそうです。

 

【街の雰囲気】

街もわりと大きく、セブでは見ないような大きな公園もあります。

 

セッションロードというメインストリートはオーストラリアのメルボルンやアデレードにも見間違えるほどオシャレで綺麗な道です。

 

 

なぜ、バギオは2カ国留学の留学先として認知され始めたのか

【BESA】というバギオの10校から形成される学校協会があり、毎年、各方面の留学会社を招待して研修ツアーを開催しています。

 

2019年2月には5回目の研修ツアー(FAM TOUR 2019 for Japan)が開催され、当社もこのツアーに参加しました。

 

BESAの加盟校を見て回ったり、バギオの街を観光したりと、今回は9校の学校視察を行うことが出来ました。

 

【バギオに来る留学生の傾向】

各学校のスタッフが共通して言っていたのが以下の3点です。

 

・入学者の多くは8~12週間の申込み

・遊びより勉強重視の生徒が集まる

・2カ国留学を目的とした生徒が多い

 

正式な統計こそ無いものの、フィリピン留学をする7割はセブを選びます。

 

1、2週間の短期留学から、社会人の英語研修、大学生の夏休み留学まで幅広くセブ留学が選ばれていますが、わりと短期留学が多い傾向です。

 

セブにも良い学校があり、しっかり勉強できる学校も沢山ありますがしっかり勉強するならバギオが良い!という風潮が留学会社の中で根付き始めています。

 

これは先に挙げた【BESA】の努力も大きいです。

 

現地視察ツアーの他、東京や大阪でも留学会社向けのセミナーを開催し、バギオの学校の良さを広める活動をしています。

 

【フィリピン留学=セブ】という認識がまだ留学会社にもあり、こぞってセブ留学を推す会社も多いですが、ここ数年でバギオの良さを知る留学会社が増えているのでしょう。

 

バギオの学校と業務提携をするため、BESAに登録している日本の留学会社は2019年2月の時点で約80社です。

 

この数字が多いか少ないかは別として、情報をしっかり得ている留学会社はバギオ留学を紹介しだしていると思われます。

 

その結果、ワーホリや留学を控え、しっかり勉強したい方がバギオを選び、2,3ヶ月の留学をしている結果でしょう。

 

有能な会社、またはカウンセラーさんであれば、行く人の性質を見てしっかりカウンセリングをしていますからね。

 

会社の事情や都合でセブしか紹介してない留学会社がいるのも事実です。

 

 

いま一度、フィリピン留学やバギオのメリットをおさらいしておきます。

 

【フィリピン留学の特徴】

・留学費用は欧米諸国に比べ4割安

・授業時間は欧米諸国の学校の2倍

・1日の授業の大半は個人レッスン

 

【バギオの特徴】

・気候が良い

・教育水準が高く教師の質が良い

・日本人が少なめ

・治安が良い

 

【バギオの学校の特徴】

・長期留学者が多い

・勉強重視の環境

・2カ国留学を控えた学生が多い

 

【1日の授業スケジュール】

各学校により色々なコースがありますが、主に以下5つのコースが基本です。

 

ESLコース

・TOEICコース

IELTSコース

・ビジネス英語コース

・ワーホリ準備コース

 

この中でワーホリや留学を控え、基礎英語の強化を目的とするのがESLコースです。

 

スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの各科目を総合的に学べるように構成されています。

 

レベルは初級~上級まで5つや6つの段階に分けられ、レベルアップは4週に1度のペースで昇級試験が行われることが多く、その結果と学習態度により決定されます。

 

参考までに【BECI】という学校が提供している代表的なESLコースの授業数やスケジュールをご覧ください。

 

ご覧のとおり、1日中勉強します。

 

22時以降は予習や復習など自習を行う生徒も多く、深夜まで勉強する人も少なくありません。

 

選択するコースによって平日は外出禁止にもなりますが、少し緩めのコースであれば夜は街に出てカフェに行ったり、飲みに行けたりもします。

 

上記のコースでは19時以降の3クラスは自由参加なので、これらのクラスに出ない場合は外出をして息抜きするのも良いでしょう。

 

【勉強に集中できる生活環境】

欧米諸国の学校に通う場合、寝泊まりはホームステイ、学生寮、シェアハウスが基本ですが、フィリピン留学は100%学生寮での生活です(例外あり)

 

ホームステイは通学の時間もありますし、値段も高くなりがち。

 

欧米諸国の学生寮は自炊が多く、買い出しや作る手間も必要です。

 

フィリピンの学生寮は朝昼晩の3食付きで勉強だけに集中できる環境が整っており、通学時間もありません。

 

学生寮は1人部屋から、学校によっては6人部屋までの用意があります。

 

人数分のベッド、勉強机、物入れラック、バス・トイレが各部屋にあります。

 

バス・トイレが別々の部屋もあれば、一緒の部屋もあり、水回りの綺麗さは各学校でだいぶ異なります。

 

シャワーの出は基本的に弱く、温度もぬるめ、この辺はお国柄が出るのでストレスを感じる人もいるでしょう。

 

宿泊する学生寮の部屋や食事の一例です。

 

1人部屋|完全個室

セミシングル|寝室は別々の2人部屋

2人部屋

3人部屋

4人部屋

6人部屋

バス・トイレ

食事

【料金は宿泊人数で決まります】

料金は学生寮を何人部屋にするかによって大きく異なります。

 

当然ながら1人や2人部屋など、人数が少ないほど高くなります。

 

先に記載した【BECI】という学校のESLコースに申込み、1人部屋~6人部屋までの料金パターンを記載してみます。

 

入学金、授業料、寮の料金、空港送迎が含まれた料金です。

 

滞在期間は4週間、8週間、12週間の3パターンでお伝えします。

 

【1人部屋にする場合】

4週間  223,000円

8週間  430,000円

12週間 637,000円

 

【2人部屋にする場合】

4週間  185,000円

8週間  354,000円

12週間 523,000円

 

【3人部屋にする場合】

4週間  175,000円

8週間  334,000円

12週間 493,000円

 

【4人部屋にする場合】

4週間  165,000円

8週間  314,000円

12週間 463,000円

 

【6人部屋にする場合】

4週間  155,000円

8週間  294,000円

12週間 433,000円

 

上記の他、以下の料金が必要です。

光熱費 約4,600円(4週間毎)

教材費 約2,300円(4週間毎)

就学許可申請 約14,500円

ビザ申請(料金は就学期間により異なる)

*これらの料金は現地払いです*

 

【具体的な予測金額】

上記をベースに、より具体的な料金をお伝えします。

 

4週間の学費と滞在費、学生寮は3人部屋を利用、他諸費用を足した予測金額。

 

基本料金 175,000円

光熱費  4,600円

教材費  2,300円

就学許可申請 14,500円

4週間のお小遣い 25,000円

往復航空券 50,000円

合計 271,400円

 

 

8週間の学費と滞在費、学生寮は4人部屋を利用、他諸費用を足した予測金額。

 

基本料金 314,000円

光熱費  9,200円

教材費  4,600円

就学許可申請 14,500円

ビザ申請(1回)8,000円

8週間のお小遣い 50,000円

往復航空券 50,000円

合計 450,300円

 

 

12週間の学費と滞在費、学生寮は6人部屋を利用、他諸費用を足した予測金額。

 

基本料金 433,000円

光熱費  13,800円

教材費  6,900円

就学許可申請 14,500円

ビザ申請(2回)26,400円

12週間のお小遣い 75,000円

往復航空券 50,000円

合計 619,600円

 

 

1ペソを2.3円として計算した予測合計金額です。

 

お小遣いはこれ以上にも以下にもなりますので、あくまでも予測金額としてご覧ください。

 

フィリピンまでの航空券は往復で5万円~6万円が目安です。時期や利用する航空会社により料金は異なります。

 

任意加入ですが海外保険に加入したい場合は1ヶ月あたり13,000円で加入できます。

 

単純にフィリピン留学だけをするなら上記が必要な総額と理解して下さい。

 

【2カ国留学の費用】

ここでの2カ国留学はフィリピン留学+オーストラリアのワーホリや留学という定義でお伝えします。

 

近年はフィリピンで2ヶ月~半年間の留学を経て、オーストラリアへのワーホリ、または留学に行く人が増えています。

 

当社で申込みが多いのは、フィリピン留学3ヶ月+オーストラリアへのワーホリ、オーストラリアに到着後は学校に通わず直ぐに働き出すというプランです。

 

参考までに上記パターンの料金をお伝えします。

 

フィリピン留学3ヶ月(12週間)の参考料金は前途の通り合計619,600円。

 

オーストラリアへワーホリに行く必須費用はワーホリビザ申請料の約37,000円。

 

到着して直ぐに働く場合、多くの予備費用は要りませんが、最低でも10万~20万円は手元に持っておきたいですね。

 

そうすると、ここまでの必須費用の合計は756,600円~856,600円です。

 

任意加入ですが海外保険に加入する場合はフィリピン3ヶ月+ワーホリ12ヶ月、15ヶ月の合計で20万円後半が最低ラインの保険料です。

 

フィリピンからそのままオーストラリアに行くか、一度日本へ戻って荷物の整理をしてからオーストラリアに行くのかにより加算される航空券代や保険料が変わってきますがベースになる料金は上記の通りです。

 

海外保険にも入り、少し多めに予備費用を持っておきたい場合は110万~120万円の用意はあった方が良いでしょう。

 

オーストラリアで学校に通わない場合も当社では現地サポートが付きます。

 

シドニー、メルボルン、ブリスベンの3都市に限りますが、銀行口座の開設、アルバイトやシェアハウス探しなどをサポートいたします。

 

オーストラリアの現地サポートについて

 

現地サポートは語学学校の予約が10週間以上必要ですのでご注意ください

 

フィリピン2ヶ月+AUS1ヶ月

フィリピンで2~3ヶ月学校に通い、オーストラリアに到着後も1ヶ月だけ学校に通う人も多いです。

 

生活環境に慣れ、友人を作り、情報収集する時間を確保する意味も大きいです。

 

到着して右も左も分からず、友人知人もおらず、いきなり仕事を探すのはハードルも高いので、オーストラリアでも1ヶ月だけ学校に通うことを勧めています。

 

このパターンの参考料金は、

 

フィリピン留学2ヶ月(8週間)の参考料金は前途の通り合計450,300円。

 

オーストラリアへワーホリに行く必須費用はワーホリビザ申請料の約37,000円。

 

仮にシドニーの学校に4週間通い、ホームステイを4週間予約する場合の参考料金は245,000円です。

 

持っておきたい予備費用は20万円とします。

 

そうすると、ここまでの必須費用の合計は932,300円です。

 

任意加入ですが海外保険に加入する場合はフィリピン2ヶ月+ワーホリ12ヶ月、14ヶ月の合計で19万円台が最低ラインの保険料です。

 

海外保険にも入り、少し多めに予備費用を持っておきたい場合は120万~130万円の用意はあった方が良いでしょう。

 

あくまでも参考費用ですので、これ以上にも、これ以下にもなります。

 

あとは、

どの学校の、どのコースにするのか?

受講期間をどのくらいにするのか?

学生寮は何人部屋にするのか?

 

ご要望や予算に合わせて相談をして頂ければと思います。

 

安く、勉強時間も長く、1付1レッスンもあり、寮生活で勉強に専念できる。

 

ワーホリや留学に備え、フィリピンでたっぷり勉強してみてはいかがでしょうか?

 

フィリピン+オーストラリアへの2カ国留学は当社でしっかりとサポートさせて頂きますのでご相談ください。

 

オーストラリア到着後の現地サポート、そして、出発前の英語の勉強もサポートさせて頂きます。

 

出発前の無料オンライン英会話レッスン

オーストラリア到着後の現地サポート

 

株式会社 留学のチカラ

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

Email:info@aus-ryugaku.info

WEB:www.aus-ryugaku.info

 

神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-13-2-531

Tel : 0120-697-154