オーストラリアワーホリビザ申請は残高証明が必要になります

2019年4月17日よりオーストラリアのワーホリビザ申請時にEvidence of funds、つまり残高証明書の提出が必要になりました。今まではしなくてよかったパスポートコピーの提出も合わせて必要になります。

 

書類の提出こそ必要になりましたが、申請すれば直ぐにビザは取れますのでご安心ください。

 

Evidence of funds for stay in Australia and departure

申請に必要な項目を入力し終え、支払いを済ます前に出てくる実際の画面が以下の通りです。

 

簡単に翻訳すると5000ドル(AUD)相当を持っているという資金証明とパスポートの提出が求められています。

 

これら2つの書類を申請するImmAccount内で添付して送信します。

 

書類のファイル形式に指定はありませんが当社ではPDFにして添付をしています。

 

書類を添付する実際のページ画像です。

今までのように簡単にはいかなくなりました。

今までは必要な項目を記入し、得に提出する書類もなく、他国のワーホリビザに比べて比較的楽で容易に取得できるビザでしたが今後は少々面倒になります。

 

残高証明書はご自身の口座を持つ銀行に行けば数日~1週間程度で取得できます。

 

今のところ、都市銀行、地方銀行ともに、取得日数は異なりますがどの銀行でも問題なく英文にて残高証明書の取得ができています。

 

先日、当社に代行申請の依頼を頂いた方は2日後に受け取りができました。

 

参考までに、三菱UFJ銀行で発行した英文の残高証明書がこちらです。

 

以下、地方銀行で発行した証明書ですが発行まで1週間かかりました。

 

 

代行申請の依頼はお時間に余裕をお持ちください。

今までは申請に必要な情報を頂き、お支払いを頂ければ直ぐに申請でき、ビザの取得証明書は即日お送りできましたが、これからはそうもいかなくなります。

 

1週間後に出発したい、来週31歳の誕生日を迎えるなど、時間が限られた申請の対応もできましたが今後は難しくなります。

 

お時間には余裕を持って代行申請の依頼をお願いいたします。

 

代行申請は申請料+代行料の5,400円(税込)です。

 

現在の参考レートで総額43,700円ほどのお支払いです。

 

語学学校の申込みと一緒にビザ申請を承る場合に限り、代行料は【無料】です。

 

→代行依頼の申込みはこちら

 

→代行申請についての説明はこちら

 

【ご注意を申し上げます】

・どんな残高証明を用意すればいい?

・証明書は英語ですか日本語ですか?

 

など、残高証明書についての質問を頂くことが予想されます。

 

大変恐れ入りますが、代行依頼を頂く場合に限り対応をさせて頂いており、質問のみへのお応えは致しかねますので予めご了承ください。

 

代行申請の依頼を頂いた後、残高証明やパスポートコピーの提出に関する案内をさせて頂きます。

 

また、ご自身で申請を進め、うまく申請ができず、どうにもできなくなった状態で依頼を頂くことも多いのですが、このようなケースも対応いたしかねます。

 

ビザ代金の支払い前(クレジットカードによる精算前)であれば対応が可能でございますので、お困りの場合はご相談いただければと思います。

 

株式会社 留学のチカラ

オーストラリア留学 ワーホリの専門店

手続きやサポートが無料のエージェント

Email:info@aus-ryugaku.info

WEB:www.aus-ryugaku.info

 

神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-13-2-531

Tel : 0120-697-154